粋をまとう暮らし|茨城県郷土工芸品

■お問い合わせ/茨城県商工労働部観光物産課 〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番地6 TEL.029-301-3622

郷土工芸品だからできる、私だけのお洒落

 しっかりと「自分らしさ」を表現したい。「本物志向」でありたい。暮らしでもファッションでも叶えていきたいことです。そのようなこだわりに、職人たちが丁寧に仕上げる工芸品の品々は最適といえましょう。インターネットが発達し、グローバルな時代であるからこそ、かえって工芸品が生み出す「和」のテイスト、「トラディショナル」な魅力は、使い手の暮らしやファッションに、ワンランク上の上質感を演出してくれるはずです。現代の工芸品の品々をぜひ身近でご覧いただければと思います。きっと、古くさいとか、合わせづらいという心配もなくなるはずです。
 そして何より工芸品には、手仕事だからこその「一品モノ」の楽しさがあります。作り手や由来のわかる品々を所有する喜びはひとしお。また、場合によっては、色合いの相談などもできるのが工芸品の良さ。自分だけの一品をオーダーすることも可能です。
 若い方のファッションやライフスタイルにもマッチする品々もたくさん見つけていただけます。伝統のモノを自分感覚でお使いください。

伝統を活かしながら、新しい技術を取り入れる試みも見られる。新生児のおくるみやショール、雑貨など新しい商品展開により、利用者の幅を広げている。

粋をまとう暮らし

Yukitsumugi is a traditional textile in Ibaraki pref.
The texture is so beautiful.

本場結城紬|YUKI-TSUMUGI

工芸品が生み出す「和」のテイスト、「トラディショナル」な魅力が
ワンランク上の上質感を演出

お問い合わせ

■本場結城紬卸商協同組合
結城市結城1361 結城市役所付属庁舎1階|TEL.0296-33-2333

織物の街「結城」の新たな商品展開。
結城紬の伝統をもとに、気楽に楽しめる織物の数々

 しっかりと伝統を守り現代に伝わる結城紬は世界に誇る日本の織物です。その伝統を礎に、工程の技術革新により、結城の織物は、暮らしやファッションに気楽に取り入れることができる商品も多数開発しています。テーブルセンターやタペストリーなど室空間を彩るものから、ショール、スカーフのファッション小物、お財布、名刺入れ…。織物の街「結城」のさまざまな商品は今、海外でもさらに注目されています。

It has not only a history as certified the World Heritage, but modern senses. Generally tsumugi is used for kimono and obi, however now we can see new products for interior design and fashion - table runners, tapestries, shawls, scarves, and so on. Because of not only tradition, but they challenge for new products, so they are being watched with interest from abroad.